∈★∋
∈★∋
町長選挙
町長選挙 (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
相変わらずの伊良部先生
∈★∋
エバーグリーン
エバーグリーン (JUGEMレビュー »)
豊島 ミホ
装丁も清々しくて◎
∈★∋
∈★∋
はじめてのキッチン―小学生からおとなまで。
はじめてのキッチン―小学生からおとなまで。 (JUGEMレビュー »)
小林 ケンタロウ
この表紙もうまい!と思う
∈★∋
この酒が飲みたい―愛酒家のための酔い方読本
この酒が飲みたい―愛酒家のための酔い方読本 (JUGEMレビュー »)
長沢 一広, 山中 登志子
「買ってはいけない」のお酒バージョンかも
∈★∋
破裂
破裂 (JUGEMレビュー »)
久坂部 羊
白い巨塔のあの世界の澱みは変わらないのだろうか
∈★∋
おいしいコーヒーをいれるために
おいしいコーヒーをいれるために (JUGEMレビュー »)
中川 ちえ
中川ワニ珈琲の奥様の本
美しい。
∈★∋
赤ちゃんができたらこんな本が読みたい
赤ちゃんができたらこんな本が読みたい (JUGEMレビュー »)
杉山 由美子
赤ちゃんがいなくても・・・
∈★∋
犯人に告ぐ
犯人に告ぐ (JUGEMレビュー »)
雫井 脩介
「刑事」であることとは
∈★∋
伝わる・揺さぶる!文章を書く
伝わる・揺さぶる!文章を書く (JUGEMレビュー »)
山田 ズーニー
「書くこと」への熱い想い
∈★∋
Towa Tei Best
Towa Tei Best (JUGEMレビュー »)
Tei Towa, Viv, Bahamadia, Biz Markie, Mos Def, Yavahn, TT, Bebel Gilberto, B.Gilberto, Ayumi Tanabe
不思議大好き
∈★∋
∈★∋
邪魔〈上〉
邪魔〈上〉 (JUGEMレビュー »)
奥田 英朗
タイトルもインパクトあり
∈★∋
幻夜
幻夜 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
ちょっとゾクゾク
∈★∋
∈OTHERS∋
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | | - | -|
人間ドック
明日は人間ドック。大好きな朝ゴハンが食べられない日だ。
朝ゴハンを食べない体で動くとなんかヘンなのよ。
プリングルの丸筒の中にアメ1個入れて振ったみたいな感じ・・?
イメージですけども。

でもこのライブ月間に行くのは実は怖いのだ。
なんかでひっかかったら、テンション下がるよねぇ。
ま、行く前舞い上がりすぎなのでちょうどいいのか。
ますますかみ締めるかもしれないね、行けることの有難さを・・

今日は仕事が軽〜い感じだったので
「舞妓haaaan!」を借りてきて見た。
体当たりの演技とはあのことを言うのだな。
歌も踊りも結構上手なのねー阿部サダヲさん。
ラインダンスのときにする足を前に挙げるあれ、ちゃんと
挙がってた。ストレッチは欠かさないほうな自分だけど
あれはできないな。いつもやってないと挙がらないと思う。スゴイ。
山下清氏ばりの下着姿で彼女(柴崎コウ)を振る場面が
笑えます。あんな格好であんな偉そうだなんて(笑)

|健康のこと | 21:52 | - | -|
光と闇
坂木 司という人の「ホテル ジューシー」って本を読んでます。
なんでこの本予約したんだっけ?と書評やら人様のブログやらで
見かけてよさそうだったら、その手で即図書館の予約画面でポチっと
やるので、連絡来て借りに行ったころにはなんだっけー?って感じ
なんですよね。もちろん読んだ後もどこで見たかは解らずじまい
なんだけど。

別にソフトカバーがハードカバーより中身薄いなんて思ってないけど
深刻な内容ではなさそうだし
(実際装丁をする人ってそこは考えるよね?深刻な内容だったら
 ハードカバーで包みたくなるよね?って素人考えか)
しばらく寝かせておったんですが、返却日も迫ってきて
延長しようかなーと覗いてみたら次の予約が入っててできない。
となると急に読み出す私だった。
これって「皆さんお買い求めですよー」なんていわれると
買わなきゃいけないか?って思うあの心理だよな、と自分に呆れる。
もっとこう・・まっすぐに向き合おうよ・・ね?

前の前に読んだ島田雅彦著「カオスの娘」が、こう、、なんていうか
傷をいっぱいつけながらやっと美しいものを見つけ出した、っていうような
内容で(あくまで私の中で)最後がいいからいいんだけど
そのいっぱいの傷っていうのが、私は苦手なんですよー
そのダークな世の中の、裏社会的なアレコレなエピソードって
ほんとのことなんだろうけど、絶対に読後感にいやなものが
こびりついてはなれないんですよ。ヤワでウブなのか私。
と言ってみる。怒られそうだけど(誰に?)そんなとこあるなぁ。

光と闇・・闇があるから光がある んだけど
その落差がもろ小説なんだけど、それにしても
肉体を痛めつけるコト、が出てくる文章は本当に苦手だ。

とはいえ、顔と名前はン十年知ってるのに
読んだことなかったこの人の本を読んで
ちょっとイメージ変わったかな。うん、いい方に。
ちゃんと作家さんだった(←偉そう)


|読んだ本・本の話 | 09:02 | - | -|
なんかねぇ・・すっごく腹立つことがありましたですよ。
すると今日のワタシサクサク動いてましたよ。
イヤなことあるとクサクサするから、
のんびりやってられないんですかねぇ。
するとすると放っておいたアイロンがけやら
片付け物やらもうバッチリでなんて気持ちがいいんでしょう!ヨッシャー!

・・・片付けも見て見ぬ振りって、このところの私
あんまり幸せすぎたのね・・

アイロンがけと言えば!録画したまま見てない番組を見る
チャンスなわけですが、うっかり最終話を録り損ねた「SP」を
見てしまいました。最終話見られないのに・・・
面白いじゃないかー!見たいじゃないかー!
再放送が待ち遠しいよ。
|ちょっとした話 | 18:23 | - | -|
ライブでプラシーボ
1/20に群馬は高崎までライブに行ってきました!
群馬音楽センターって、おもしろいホールだったなぁ。
相当古いけど2階も3階もないホールって
ちゃんと作れば(すごい偉そう)とっても見やすくて
いいホールになるんだなぁ。
ここはなんだか有名な建築らしいですよ、古いけど(笑)

東京から上越新幹線で1時間、ゴソゴソしてたら
すぐ着いちゃいます。
1人小旅行の〆に帰りの車中でだるま弁当+ビールといきたかったけど
ライブでなんだかお腹いっぱいだった、幸せなことだね。
夜、うちに帰っていろいろネットを覗いてたら
ロッキンオンの兵庫氏が来てたらしくてR69にレポ発見!
あの場所にいたのかと思うと嬉しいなぁ、そんな遠出してくれて。
この人「いつも同じなのになんでいいんだろう」って
いつも同じこと言ってますよ。ソレハキミダー
答えは見つからないよ、だって現在も進行形だもの。

超冷え性の私は指先があったかいことなんて滅多にないのに
ライブ翌日の午前中は指先がぽかぽかしてました。
単純に気温が低くなかったのかもしれないけど・・
ライブが私を温めてくれたって思っておこう。
まるでライブのプラシーボ効果や〜です。
|Love music♪ | 20:20 | - | -|
落ち着かない
今年初めての書道。
追っかけとかはまるとかの心理 とは?という
話題が出てなんとなくライブ好きをカミングアウト。
みんな案外行かないんだね。
音楽は聞くけどコレといったアーティストはいない、って
人が多くてこっちがびっくりしたな。そんなものなのか。
 
ライブの楽しさについて力説してしまったのは
明日のライブで落ち着かないせいだ。
単純に楽しみたいのになんだこのどきどきはー!
行ったら行ったでこの眼は節穴なのだ。
最低5回は行かなきゃ、記憶への定着は不可能だ。
うん、行くぞ。
|イベント | 23:30 | - | -|
人との距離
人間関係がややこしい とか むずかしい とか
一生言ってるんだろうなぁと思うけれど
せっかく長く生きてるんだから、その何がむずかしいかくらいは
おぼろげに解ってきてる気がする。

いちばんシンプルにすると、人との距離と使う言葉の難しさ、
かなぁ。
立ち位置とコミュニケーションツール。
またこの言葉っていうのが、会って話すときと電話のときと
メールのときと、相手が同じでも微妙に違ったりしてややこしい。

人との距離、つかず離れずが一番いいか、っていうとそうでもなくて。
がっぷりやり合うやり方がいい場合もあるし、それがその「場合」
だけじゃなくて相手が誰かにもよるし、もうセオリーなんてないわけです。
基本的にはごくごくよく知っている(つもり)の人以外には
話題も言葉もかなり慎重に選んでいるほうだとは思うけど
ときどき、ポーンとこちらの懐に自然に飛び込んでくるような人って
います。
私は決してそれが嫌いな方じゃなくて、幸いなことに
これまで遭遇したそういう場面ではむしろ心地よいと思えたくらい
だったから、ああこんな風に自然に出来たらいいなぁとうらやましく
思ってみたり。人徳かなぁとわが身を振り返ってみたり。

でも、よく考えるとそれもきっと万能じゃないんだろうな。
時々「エッ!そんなことが気に障るんだ・・」と
自分が言われたのではなくても愕然とすることがあるから。
なぜ愕然とするかというと、場合によっちゃあ私もそのくらいは
言うよね・・って思うからだと思うけど。
そんな時ちょっと凍りついてしまって
アワワ・・なんか言葉を放つのが怖いなぁと大人しくなるんだけど
また、すぐに忘れて・・と。

そ、何があっても忘れるのが人間。
自分なりに気をつけていて、それでもいやな気にさせてしまったら
しょうがないのかも。でも、勉強にはしなくちゃね。
疲れる話だけど一生のテーマだ。
|ちょっとした話 | 19:15 | - | -|
だて巻
おせち料理は・・作ります。
というのか何というか、崎陽軒のシュウマイを買うとか
551の肉まんを食べる、とか
そういう食べ物類以外のいわゆるお惣菜を購入して食べることは
滅多にないわけです。
自慢じゃないです、ケチなのか大食いなのか失敗するのが悔しいからか
そんなとこです。
自分で作ったらほとんどは文句は出ませんからね。
いつもデパ地下のお惣菜屋さんを不思議な目で見ていますよ。
アレにお世話になるにゃぁ、あたしゃまだまだ若いわい、
と思ってるに違いない、私は。
とにかく作る意欲があるうちは取り組んでおこうというわけです。

そんな長い前置きのあと
だて巻を作ろうとしたらバーミックスが回転しなかったという話です。

モーターは動いてるんですけどね、先端が回らない。
たぶん先端部分の隙間に長い間にゴミ(食材)が
入ったんだろうなぁ。
これは購入前の思案段階から予測していたことだったから
購入後約7年くらいでの初めての故障というのは
よく持った方かな?
とはいえ、普段はジェノベーゼにするために
バジルと松の実とオリーブオイルをがーっとやる、以外には
最近はあまり使ってなかったなぁ。

で、だて巻。
もう卵液の中に角切りにしたはんぺんをつけてしまった
あとだったから、つぶすのに一苦労。
マッシュポテト酔のつぶすヘラ?でなんとかがんばった。
なんとか焼けた、なんとか丸めた。
このプツプツは新食感じゃない? とか
結果おもしろいのできたじゃん! とか
悔し紛れでもなくマジメにポジティブシンキンな私の発言が
聞けるはずなお正月 です。

今年はライブに6回行けた。
主婦としては家族に感謝するところなんでしょうね。
そして来年はもっと行く!
2月3月ですでに4つ入ってますから!
|季節を祝う | 15:52 | - | -|
批判的ツッコミ
ニュースなんかを見ていて
どっかのエライ人がとんちんかんなこと言ってたりして
そういう時その人(男)は、
こんないち主婦に画面の向こうから、しかも関東の南方から
「子どもか!!」
ってつっこまれたりするわけです。

でもこれが女の人だと
「ヒステリー?」
なんて言われがちです。私は言いませんけど。
言うなら「体調悪いんかな?」とか
「虫の居所が悪いのねん」って感じ。
でも女の人に対して「子どもか!」というのは
あんまり言わない気がしますよ。

なんでオジサンの滑稽さは
「ただのワガママ子ども」に見えるんだろう?
不思議だ。
|ちょっとした話 | 16:35 | - | -|
日経エンタテインメント
ほぼ日手帳の中の
「読んだ本」「これからみたいDVD」なんかのページが
どうしてもワクが少ないのだ。
メモページを使って書くんだけどそうすると該当ページが
残ってしまうし、なんかちょっとね。
で、「日経エンタ〜」1月号に、ほぼ日手帳の補強用として
「ENT!ダイアリー」というのを付録としてつけて
売ってるんですね。
去年買いそびれ、今年もうっかりしてて
今日本屋さんに行ったら、最後の一冊。即買い。
本は雑誌も含め、基本的に出来るだけ買わないように
してるんだけど最後の一冊、には弱いのだ。
そしてこの「付録」の響き、これは昔の
「りぼんの付録」の甘美な記憶からくる誘惑。
ケチ主婦に徹しきれない理由だな。しょうがない。

甲斐バンド、一日限りの再結成ライブをちらっと
TVで見た。屋外だったがどこだったんだろう?
甲斐さん、声出てた。
現在の活動をまったくフォローしてなかったけど
歌い続けてたんだなぁと思った。
だっておとといのゴ○イゴのヴォーカル、ひどかったもん。
それからするともう全然OKでしたよ。

そうなるとギュイ〜〜ンと見たく聴きたくなったので
「BIGGIG」のDVDを借りてきた。
これ、ビデオで売ってたものを映像そのまんま
DVDにしたものなのかな。
メニューも何もないし、どこでやったのかもわからない。
ビル街が回りにあるってことは日比谷の野音かな?
知らない曲もあったなぁ。
私が聴かなくなって以降のライブってことだな。
お目当ては「きんぽうげ」「東京の一夜」「氷のくちびる」。
「氷のくちびる」の間奏のギターが「ホテルカリフォルニア」だった!
とか、
甲斐さんってそういえば左利きだった!
とか
いろいろと忘れてたこと思い出して楽しかった。
オトナな歌詞にドキドキしながらも「なにやら凄い歌詞」
ぐらいの記憶しかなかったわけですが
今聴いてみると意外にストレートな歌詞だった。
ちょいエロで都会的でモノトーンでオトナの世界だけど
決して難解じゃなく、もちろん妄想のたぐいでもなさそうな。

25年ぶりくらいに聴くといろんな発見があって
面白かった。
にしても、25年ぶりって・・(恐)

しかし、いつ聴いても「きんぽうげ」のイントロのギターで
血が逆流する!



|こんなものを買いました | 21:24 | - | -|
冬のご飯
たき込みご飯、筑前煮、豚汁。
大好きで冬のご飯の楽しみでもあるんだけど
この3つ、ほとんど材料が同じなのだ。

唯一、蓮根は筑前煮にしか入れないけど。

早く副鼻腔炎らしきものを治して
楽しく焼酎お湯割りを飲みたいよ・・
ああ、顔が痛い。
|季節を祝う | 20:51 | - | -|